11/12/2019

令和2年度研究開発課題の公募‐日EU共同研究‐ EU-Japan open call for collaboration ( smart living environments for ageing people)

Categories: News

Tags: H2020 | Europe | Japan


-- English version below --

この度、総務省より「令和2年度「戦略的情報通信研究開発推進事業(国際標準獲得型)」研究開発課題の公募‐日EU共同研究‐」が発表されましたのでお知らせいたします。

当公募は、ホライズン2020にて公募中である「International cooperation in smart living environments for ageing people,(ID: SC1-DTH-04-2020)」との共同公募となります。当公募を通じて、外国の研究機関と共同で研究開発を実施する日本の研究機関に対して研究開発の委託を総務省が行うものとなります。

<テーマ>

デジタル技術を活用した高齢者のためのスマートな生活環境の構築

<期間>

令和2年度の契約締結日から最長3か年

<公募期間>

令和元年11月19日(火)から令和2年4月22日(水)17時(日本標準時)まで

<詳細>

応募要領、助成額等の詳細、及びお問い合わせ先につきましては総務省のウェブページをご参照ください。

 

----

The Ministry of Internal Affairs and Communications (MIC) of Japan announced open call opportunity in collaboration with Horizon 2020 International cooperation in smart living environments for ageing people,(ID: SC1-DTH-04-2020)

*Please note that NICT is NOT a funding organization for this topic.

Deadline for Japan side: 17:00 (JPT) , 22 April 2020 

Please ask your Japanese partners to access the following link for more information (submission guidelines, regulations, templates etc) in Japanese language.

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin04_02000092.html